“紫石稜”の読み方と例文
読み方割合
しせきれう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな事を、二人で話してゐる内に、やがて、丫鬟の案内で、はいつて来たのを見ると、の高い、紫石稜のやうな眼をした、異形な沙門である。
酒虫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)