“紛々濛々”の読み方と例文
読み方割合
ふんぷんもうもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お祭騒ぎでなんぞあるべき余裕やわいはちっとも見えないのみならず、明らかに殺気そのものが紛々濛々と湧いているのです。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)