“納棺所”の読み方と例文
読み方割合
なふくわんじよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今死んでも用意が出來てゐるだらうか? またゲィツヘッド教會の内陣の下の納棺所は、私にとつて樂しい目的地であらうか? その納棺所に、リード氏が埋葬されてゐると聞いてゐる。
あの見知らぬ人たちは私共より先に這入り込んで今かうしてロチスター家の納棺所の傍に、私共に背を向けて、手摺越しに古い、時代のついた大理石の墓標を眺め乍ら立つてゐるのだつた。
リード氏の魂が、自分の妹の子の受けてゐる不法な待遇に惱まされて、教會の納棺所、または何處か知らない、死者の世界にある棲處を去つて、この部屋の私の前に現はれるかも知れないと思つた。