“精好織”の読み方と例文
読み方割合
せいこうおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はいている精好織で仕立上がりを畳へ立てたら、崩れずにピンと立つでもあろうか、高尚と高価とと堅実とを、四つ備えた織物として、この時代の少数の貴人たちが、好んで用いた品である。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)