“粱稈”の読み方と例文
読み方割合
りょうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第一軍の兵士は高粱を喰ひ第二軍の兵士は佳肉に飽く。これ地理のらしむる所なり。第一軍附の新聞記者は粱稈に坐し第二軍附の新聞記者は石牀に眠る。これ事情の然らしむる所なり。
従軍紀事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)