“粮廚”の読み方と例文
読み方割合
かてくりや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
否、さてはおん身はつまさだめするものゝ先づ心得べき事あるを知り給はぬなるべし、粮廚に滿ち酒に滿ちて、始て夫婦の間の幸福は全きものぞ。