“篠田様”の読み方と例文
読み方割合
しのださん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親睦会は出来るんです、実に気色にはりますけれどネ、教会の御祝だと思ふから忍んで参つたのです——其れはサウと、老女さん、篠田様は今日御見えになるでせうか、ほんとに、御気の毒で
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)