“節級冠”の読み方と例文
読み方割合
せっきゅうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛の硬いもみあげが旋風を描き、節級冠燕尾がこの者の俊敏さをあだかも象徴しているようにみえる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)