“箕原路之助”の読み方と例文
読み方割合
みはらみちのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、本郷に出ているのは、箕原路之助——この友だちが、つい前日まで、祇園で一所だったので、四条の芝居を打上げた一座が、帰って来て、弥生興行の最中だとお思い下さい。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)