“筧求馬”の読み方と例文
読み方割合
かけいもとめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事あらわれて、一味徒党ことごとく捕えられた中に、内蔵丞一人だけは遁れ終わせ、姓名を筧求馬と改め、江戸に侘住居をした。しかし大事をとって、当歳であった娘のお菊を、男子として育てた。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)