“白眼:ぱくがん” の例文
“白眼:ぱくがん”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂2
“白眼:ぱくがん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「中國浪人久留馬くるま登之助、――顏に向うきずのある、三白眼ぱくがんの大男、海道筋に響いた無法者でございます」
入口の八疊に居たのは、手代の敬吉、三十五六のちよいと良い男、物腰は丁寧ですが、口の重いたちと見えて、平次と金六が入つて來たのに、何んの挨拶もせずに、少しばかり三白眼ぱくがんを伏せただけです。