“痲酔:まひ” の例文
“痲酔:まひ”を含む作品の著者(上位)作品数
夢野久作1
“痲酔:まひ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は絶対に音を立てないように……まだ痲酔まひしているであろう唖女の眼を醒まさないように、用心しいしい納屋の扉の掛金を外した。
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)