“水虎考略”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいここうりゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水虎考略”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ではまたどういう動物かと言えば、頭に短い毛のあるのはもちろん、手足に水掻みずかきのついていることも「水虎考略すいここうりゃく」などに出ているのと著しい違いはありません。
河童 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
なにしろ河童の強敵に獺のいるなどということは「水虎考略すいここうりゃく」の著者はもちろん、「山島民譚集さんとうみんたんしゅう」の著者柳田国男やなぎだくにおさんさえ知らずにいたらしい新事実ですから。
河童 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)