木村良雄きむらよしお)” の例文
お家から三百メートルほどはなれたところにある、広い原っぱで、一太郎君は五年生の木村良雄君と、投げをして遊んでいました。
智恵の一太郎 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)