“早来鳥”の読み方と例文
読み方割合
はやこどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前に掲げた時鳥のトトサヘカカサヘ(父へ母へ)も、聴く人はこれを孤児の死ぬ前兆と考えた。郭公を早来鳥と名づけて人がれたのも、ハヤコーをかの国への招きの如く感じたからである。