“擺動”の読み方と例文
読み方割合
はいどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄泉の風は、それらの悲壮な群集を吹き送り吹き返し、吹きふくらし吹き散らす。およそ混戦とは何物であるか。一つの擺動である。
または幸福と窮乏との間の永久的擺動に運命づけられ、あらゆる努力を払ってなお所期の目標から測り知れぬ遠きになお止るであろうか、と。
または少くとも善と悪との間の一種の擺動かの、いずれかとなるということにならなければならぬのではなかろうか。