“撥鬢”の読み方と例文
読み方割合
はちびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
派手なふうをするやうになり、奴の腕つぷしの強いのを自慢にし、奴も仁侠の氣を帶び、鎌髭撥鬢の風俗で供先へ立つたので、その颯爽たる氣風が
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)