“摩世闌”の読み方と例文
読み方割合
マゼラン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(十一、摩世闌の夜雨(南米) 多くの湾がそれぞれ曲線を描いて峰々をめぐり、夢のうちの知らぬままに狂浪をつき破って船は進む。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)