“摩世瀾”の読み方と例文
読み方割合
マゼラン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(船は湾に入って波もようやくおだやかに、春の草が林や丘山に満ちている。山の頂にはなお残雪が見え、風はさむざむと摩世瀾海峡に吹いている。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)