“摘草用”の読み方と例文
読み方割合
つみくさよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お雪ちゃんは摘草用の切出しを目籠の中からさぐり出して、米友のために柿の実の皮をいてやろうと好意を示すのを、米友はそれには及ばないと言いました。
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)