“揶亜”の読み方と例文
読み方割合
ノア100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓋我悔造之矣惟揶亜恩那和華前、挙世自壊於神前、強暴徧於地、神鑑観下土、見其自壊、因地兆民尽壊其所行一レ、神謂揶亜曰、兆民之末期
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)