“掩蔽線”の読み方と例文
読み方割合
えんぺいせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに砲兵軍曹の死に殺気立った兵士らは、少し以前から、立てられた舗石掩蔽線の後ろに腹ばいになり、砲手らが隊伍を整えてる間の大砲の沈黙を補うため、防寨に向かって銃火を開いていた。