“推薦状”の読み方と例文
読み方割合
レコメンデイション100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、これを要するに、この広告の主の日本紳士を何とかして下宿人として捕獲しなければならないから、早速私に推薦状を一本書けというのである。これには私も困り入ってしまった。