“推薦書”の読み方と例文
読み方割合
すいせんしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日もちょうど小川博士の講義の日だったが、次郎はその講義がはじまるのを待ち、一まとめにした履歴書と推薦書とをかかえて塾長室にはいっていった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)