“探海灯”の読み方と例文
読み方割合
たんかいとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
港の入口は左右から続いた山を掘り割ったように岸がえていて、その上に砲台がある。あすこから探海灯で照らされると、一番困る。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)