“拳骨団”の読み方と例文
読み方割合
げんこつだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拳骨団から、時間を変更してきましたから、これからすぐ来てくださるようにと主人から命令がありました」
塵埃は語る (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
いっそ、警視庁へ電話をかけて小田さんの後援を仰ごうかとも思いましたが、拳骨団が富田氏へ送った脅迫状のことも思い出され、富田氏の来られるまで待とうと決心しました。
塵埃は語る (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
もし警察へ告げたならば、直ちに豊君の生命を貰うから、そう思え。拳骨団
塵埃は語る (新字新仮名) / 小酒井不木(著)