“憍薩羅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうさら50.0%
コサラ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾時憍薩羅国に一比丘あり、独り林中に住す、雌獼猴あり常にしばしばこの比丘の所に来往す、比丘すなわち飲食を与えてこれを誘う、獼猴心軟し、すなわち共に婬を行う、この比丘多く知識あり
迦濕彌羅國王を教化せしこと、第二卷には倶薩羅國降伏外道とて、中天竺の憍薩羅國にて外道を説伏せしこと、第三卷には化維衞胡王とて
老子化胡経 (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)