“微笑:にこにこ” の例文
“微笑:にこにこ”を含む作品の著者(上位)作品数
室生犀星1
近松秋江1
“微笑:にこにこ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そんな家はいい加減にして引きあげた。どちらも微笑にこにこしている間に、自然ととり交わされた礼節が、子供らの敏感な心を柔らげるのであった。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「あゝ、今日会いましたよ。」と、微笑にこにこしながら、私の顔を見て言う。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)