“御繁務”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごはんむ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥「日々にち/\御繁務ごはんむさぞお気疲れ遊ばしましょう、御欝散ごうっさんのため御酒でも召上り、先頃召抱えました島路しまじと申す腰元は踊が上手とのことでございますから、お慰みに御所望ごしょもう遊ばしては如何いかゞでございます」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)