“弥縫策”の読み方と例文
旧字:彌縫策
読み方(ふりがな)割合
びほうさく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“弥縫策”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
現在の経済関係という禍の大本に斧鉞ふえつを下そうとしない点においては両者とも「不徹底な弥縫策びほうさく」であるといって女史自ら一段高い地歩を占めたと思われるらしい立場から非難されております。