“川岸縁”の読み方と例文
読み方割合
かしぶち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐久間町一丁目、本田唐之助屋敷角まで來ると、往來はハタと絶えて、左手は川岸縁まで空地、右手は屋敷の塀で、暫らくは淋しい道が續きます。
丁度私が裏木戸へ行つた時、なんか川へ落ちたやうな、大きな水音がしましたが、覗いて見ると、川岸縁には誰もゐませんでした。闇をして見ると、町の方へ人の逃げて行く足音を
ちょうど私が裏木戸へ行った時、なんか川へ落ちたような、大きな水音がしましたが、覗いて見ると、川岸縁には誰もいませんでした。闇をして見ると、町の方へ人の逃げて行く足音を