“屈辱:はじ” の例文
“屈辱:はじ”を含む作品の著者(上位)作品数
久生十蘭1
“屈辱:はじ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こんな棒切れのような長人参などを二人の前へさしだしたら、馬も老人も、軽蔑のあまり笑いだしてしまうことだろう。ひょっとしたら、屈辱はじの感情のために、真っ赤になってしまうかも知れない。
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)