“小蓮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せうれん50.0%
しょうれん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠恥、名は、号は小蓮、鈴木氏、してと云つた。所謂木芙蓉の子である。仲彜は越後国茨曾根の人関根氏であるらしい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
七月は霞亭の友鈴木小蓮の歿した月である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
梅痴上人、名は秦冏、字は白純、別の字は笑誉、梅痴また小蓮主人と号した。中根淑の『香亭雅談』によれば初め深川霊巌寺の末院本誓寺に住し、後に芝増上寺の学頭となった。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)