宵宮ヨミヤ)” の例文
宵宮から御輿送りまで立てられたのは、最理窟に適うたことで、たゞ此を以て江戸の山車の起原と想像した我衣の説は、成程笑覧の否定した様に、考へが狭過ぎる様だが
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)