“宵宮祭”の読み方と例文
読み方割合
よみやまつり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
住吉さんのお渡り、大鳥さんのお渡りと一日一日を分けては、かう云ふのです。それで七月三十日から、もうお祓の宵宮祭になるわけなのです。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)