“婆娑羅大神”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばさらだいじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“婆娑羅大神”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さて次の間へ通った新蔵は、遠慮なく座蒲団を膝へ敷いて、横柄おうへいにあたりを見廻すと、部屋は想像していた通り、天井も柱も煤の色をした、見すぼらしい八畳でしたが、正面に浅い六尺の床があって、婆娑羅大神ばさらだいじんと書いた軸の前へ
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)