ぎれい)” の例文
と、年老った女の返事があって障子を開け、こな五十前後の背の高い女が顔をだした。
妖影 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)