“太陰積尸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいいんせきし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“太陰積尸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
怪鳥の正体はわからない。伝うるところによると、墓場などのあいだに太陰積尸たいいんせきしの気が久しく凝るときはして羅刹鳥らせつちょうとなり、好んで人の眼を食らうというのである。