“夜水番”の読み方と例文
読み方割合
よみずばん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「両膝抱て」という中七字は、その男の様子を描き得て妙である。「むしろ敷いて長臑ながすね抱きぬ夜水番よみずばん 泊月」などという句も、この意味において軌を同じゅうするものであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)