“多藝志美美”の読み方と例文
読み方割合
たぎしみみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれ日向にましましし時に、阿多あた小椅をばしの君が妹、名は阿比良あひら比賣に娶ひて、生みませる子、多藝志美美たぎしみみの命、次に岐須美美きすみみの命、二柱ませり。