“喙木鳥”の読み方と例文
読み方割合
きつつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三本ほどはなれた樫で喙木鳥がその柔らかい樹の皮にをつき刺して、ことこと叩いた、また叩いた。
(新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)