“喇嘛王宮”の読み方と例文
読み方割合
ラマおうきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喇嘛王宮の女官の中には左様な馬鹿者は居りません。西蔵に産れた女子共は王宮の女官に用いられることを畢世の願望といたして居ります」
喇嘛の行衛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)