“唯々黙々”の読み方と例文
読み方割合
いゝもく/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は心に復讐を期しらも、例のごとく唯々黙々として働きましたので、後にはS教諭は私を叱ることに一種の興味を覚えたらしく、日に日に猛烈にこれの言葉を浴せかけました。
痴人の復讐 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)