“唐衣橘洲”の読み方と例文
読み方割合
からころもきっしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浮絵は後年北斎広重によりて完成せられたる浮世絵風景画の前提と見るべきものなり。天明の初め四方赤良唐衣橘洲朱楽菅江らの才人江戸に狂歌を復興せしむ。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
狂歌は卜養貞柳未得らの以後その吟咏にみなるものなかりしが故か、一時ややはず、安永末年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師の輩出するを待つて始めて再興せられたり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)