“唐三界”の読み方と例文
読み方割合
からさんがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本へ帰ってあなたと夫婦になるのを楽しみに唐三界で骨身を砕いていたものを、なぜもうすこし生きていてはくださらなかった、と男泣きに泣いたというンです。
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)