“司厨長”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しちゅうちょう50.0%
シェッフ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“司厨長”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かじは釘づけ、ただまっしぐらの冒険旅行、わが身は、船長にして一等旅客、同時に老練の司厨長しちゅうちょう、嵐よ来い。竜巻よ来い。弓矢、来い。氷山、来い。渦まく淵を恐れず、暗礁おそれず、誰ひとり知らぬ朝、出帆、さらば、ふるさと、わかれの言葉、いいも終らずたちまち坐礁ざしょう
喝采 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「素人ぢやございませんわ。店の司厨長シェッフを呼び寄せて、みな下で作らして居ますのよ」
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)