“右京大夫基昭:うきょうたいふもとあき” の例文
“右京大夫基昭:うきょうたいふもとあき”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“右京大夫基昭:うきょうたいふもとあき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
実弟須磨右衛門は親切にはしてくれるが、世話にばかりなってもいにくいので、未亡人は余りせわしくない奉公口をと云って捜して、とうとう小川町俎橋際まないたばしぎわ高家衆こうけしゅう大沢右京大夫基昭うきょうたいふもとあきが奥に使われることになった。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)