“叱責:さいな” の例文
“叱責:さいな”を含む作品の著者(上位)作品数
アリギエリ・ダンテ1
“叱責:さいな”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かのうるはしき歌をきゝて、彼等の我を憐むことを、淑女よ何ぞかく彼を叱責さいなむやと彼等のいふをきかんよりもなほあきらかに知りし時 九四—九六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)