切下きりおろ)” の例文
一足踏込んで切下すのを、ちゃり/\と二三度合せたが、一足って相上段に成りました。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)