“冷酷無慙”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れいこくむざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“冷酷無慙”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
錢形平次が關係した捕物の中にも、こんなに用意周到で、冷酷無慙れいこくむざんなのは類のないことでした。
これだけ言ううちには米吉は六遍もお辞儀をしました。こんなのは、さぞ金を借りた者には、冷酷無慙れいこくむざんなことをするだろう、——といったような事を平次は考えていました。